春の花 塗り絵

おうちでの生活が長引いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今日は塗り絵を一枚。シンプルな線で描いた春の花です。


こちらからダウンロードしてお使いください⇒春の花塗り絵

他の塗り絵はこちらを見てね!

おにぎり タオルでごっこ遊びグッズ

おうち遊びで使える、ごっこ遊び用おにぎりです。
いただきものの薄いタオルが余っていたら、作ってみませんか。ふわふわなので、握っているだけでも気持ちいいおもちゃです。まんなかに穴が開いているので、好きな具を差し込んで楽しんでください。

【作り方】

材料:白いタオル、綿、ゴムひも

(1)タオルを切ります。1本のフェイスタオルの場合、図のように縦4つ、横3つにカットします。1個だけ作る場合は、だいたい19センチ×12センチくらいに切ってください。

(2)2つに折って、端をミシンで縫います(タオルに裏表がある場合は、表が内側になるように折ってください)

(3)表に返して、端を1センチくらい内側に折り込んでおきます

(4)ゴムひもを通し、ふんわりと綿をつめてから、ドーナツ形になるように曲げます

(5)ゴムひもをよけながらかがり縫いをします。1センチくらい縫い残したところからゴムひもが出るようにします

(6)ゴムひもをひっぱってかた結びし、結び目を内側に押し込んで(残った部分が長すぎたらはさみで切ってください)縫い閉じます

(7)できあがりはこんな形になります

(8)穴の部分に、好きなもの(おにぎりの具)を入れて、いろいろなおにぎりを作ってみましょう。
下の写真は、ボンドのふた、羊毛フェルト、ボタンを入れたところです。
他にも、100均で売っているデコレーションボールや丸めたお花紙など、小さいものなら何でも具になりそうです(小さい子と遊ぶときは誤飲しないものを選んでくださいね!)

※時間があったら、フェルトで具を作ってみませんか。

フェルトで作った具を入れたところ(緑のフェルトでブロッコリーも作ってみました)

【参考;フェルトの具の作り方】

(1)フェルトをこれくらいの大きさに切ります

(2)図のようにぐし縫いします

(3)筒にしてから糸をひっぱり、糸を2回くらい巻き付けてから、針を1~2回通して玉止めします

(4)反対側も同じように縫い絞り、表に返します

(5)綿を入れて、あいたところを縫い閉じればできあがり。

※いろいろ具材をプラスしてお弁当にしてみました♪

タオルが半端に余ったら、おすしも作ってみてね!

さいころハウス たためるペーパークラフト

おうちで親子で作るシリーズ。今回は小さなおうちのペーパークラフトです。できあがって楽しんだあとはたたんでしまっておけます。

まずこのファイルをダウンロードしてください。⇒さいころハウス(PDFファイル)
さいころの展開図のような、屋根と本体がはいっています。
それぞれをはさみで切り抜いておきます。

【屋根を作る】

屋根を切り抜いたところです。

(1)下の図の、矢印の部分に切り込みを入れます。点線以外の線をすべて山折にして、折り目をつけておきます。

(2)★と☆の印が重なるように折ります。

(3)点線のところで2枚一緒に中に折り込みます。

(4)左右に出ている部分は、点線を谷折りにしてから、図のように下に折り下げます。これで屋根ができあがりです。

【本体を作る】

本体はこちらを使います。

(1)線をすべて山折にして折り目をつけてから、「のり」と書いてあるところにのりをつけ、図のように組み立てます。(下になる部分はのりづけせずに折り込むだけにしておきます)

(2)屋根を差し込んでできあがりです。

ちらしで作るごみ袋とごみ箱

幼稚園も保育園も小学校もお休みになって、退屈しているご家庭に届けるシリーズ。今回は、ちらしで作るごみ袋・ごみ箱です。

家に余っているものでできるし、お手伝いにもなりますね。

【その1】
一番簡単なごみ袋。簡単な折り方ですが立てられるので、テーブルに置いたり、勉強机に取り付けたり、ベッドサイドに置いたりと、いろいろなところで使えます。

作り方はこちら(PDFファイルです)⇒ちらしで作るごみ袋その1

【その2】
昔ながらのちらしゴミ箱です。おばあちゃんの家で見たことある、という方も多いのでは?

作り方はこちら(PDFファイルです)⇒ちらしで作るごみ袋その2

【その3】
伝統折り紙の「烏帽子」を折って、そのまま袋として使います。新聞紙で作ると、野菜や果物を入れる袋としても便利です。

作り方はこちら(PDFファイルです)⇒ちらしで作るごみ袋その3

【その4】
その3の「烏帽子」にひと手間加えると、しっかりした箱になります。高さのある箱にしたいときはこれがおすすめ。

作り方はこちら(PDFファイルです⇒ちらしで作るごみ袋その4
※作り方はごみ袋その3の続きになりますので、2枚ともダウンロードしてください。

描いてみよう! ハートと星の描き方

幼稚園、保育園がお休みになって、何をしようかな?と思っているご家庭のためのアイディアをもうひとつ。

ハートや星がくるくるっと描けるようになったら楽しいと思いませんか?
…ということで、自分で練習できるシートをご用意しました。

プリントしてそのまま使ってもいいのですが、クリアファイルに入れて、水性のマーカーで練習すると、ウェットティッシュでふきとって何度も使えます!

下記よりPDFファイルをダウンロードして、プリントして使ってください。

ハートを描いてみよう⇒ハートの描き方練習シート

星を描いてみよう⇒星の描き方練習シート

塗り絵カレンダー(6月)

少し早いのですが、6月のカレンダーもアップしますね。

塗り絵をして数字はなぞるバージョン、数字も自分で書くバージョン、絵を自分で書いて数字はなぞるバージョン、3つご用意しました。

お子さんの興味にあわせてダウンロードして使ってください。

★数字をなぞるタイプのカレンダーはこちら⇒2020年6月のカレンダー

★数字を書くタイプのカレンダーはこちら⇒6月のカレンダー

★絵のないカレンダーはこちら⇒2020年6月無地

 

塗り絵カレンダー(5月)

5月のカレンダーです。

塗り絵をして数字はなぞるバージョン、数字も自分で書くバージョン、絵を自分で書いて数字はなぞるバージョン、3つご用意しました。

お子さんの興味にあわせてダウンロードして使ってください。

★数字をなぞるタイプのカレンダーはこちら⇒2020年5月のカレンダー

★数字を書くタイプのカレンダーはこちら⇒5月

★絵のないカレンダーはこちら⇒2020年5月絵のないカレンダー

塗り絵カレンダー(4月)

おうち用教材の第2弾です。カレンダーを作ってみませんか?

好きな色で塗って、数字を書いて(まだ難しい場合はなぞって)、カレンダーを完成させてください。
絵はいれずに、数字部分だけのPDFファイルも用意しました。自分で好きな絵を描きたい場合に使ってくださいね!

★数字をなぞるタイプのカレンダーはこちら⇒2020年4月用カレンダー

★数字を書くタイプのカレンダーはこちら⇒4月カレンダー

★絵のないカレンダーはこちら⇒2020年4月用無地カレンダー

折り紙パズル

幼稚園も保育園も小学校もお休みになって、退屈しているご家庭に何か届けたいなと思うのですが…

第一弾はこれ、折り紙パズルです。

PDFデータをダウンロードしたら、四角の線で切り離します(1枚目の状態になります)。
バラバラに描かれた果物や野菜の絵が、
うまく折ると2枚目の写真のようにつながります。

どうやって折れば絵が完成するか、試行錯誤を楽しんでください。

★簡単バージョン(ダウンロード用PDF)
折線が描いてあるので、小さい子でもできます。
折り紙パズル

★ちょっと難しいバージョン(ダウンロード用PDF)
折線が描いてないので、ものによっては大人でも大変!
折り紙パズル2

ミニこいのぼり

小さなペーパークラフト。
A4のコピー紙1枚で作る、ミニ版こいのぼりです。

ダウンロードしたPDFファイルをプリントして作ってください。
ミニサイズだからって、できあがり写真も小さくてすいません(汗)

カラープリントしてすぐ組み立てられるバージョンはこちら
koinobori

塗り絵をしてから組み立てる白黒バージョンはこちら
koinobori_m

作り方は(説明するまでもないかもしれませんが)
1)太線をはさみで切る
2)細い線を山折りにして、のりしろにのりをつけて組み立てる

塗り絵バージョンの場合は、カラーのバージョンを参考にしながら色を塗ったあと、同じように作ります。どちらも、できあがったらひもをつけて、割りばしなどに結んでくださいね。