ごたごた塗り絵 その2

みっちりと小さい絵を並べた、ごたごた塗り絵のその2です。
同じ紙を2人で塗れるようにならないかなと思って、
反対側からも塗れるようなものにしてみました。

全部塗ろうと思わないで、適当に白い部分を残したほうがきれいです(全部塗ってもいいけど)。

塗り絵(PDFファイル)はこちらからダウンロードしてね⇒gotagota2

まさかとは思いますが(笑)その1も見たい方はこちらです。

タオルでおにぎり バージョン2

またミシンに並べちゃったりしてすいません。

前に紹介した「おにぎり タオルでごっこ遊びグッズ」のおにぎりをバージョンアップしてみました。

前回のおにぎりはこちら

うーん、のりがほしいなあ。それに具はもうちょっと小さくてもいいんじゃないかしら。

というわけでバージョン2を作ってみたら思いのほかかわいくなったので(自画自賛)またアップしてしまいます。

【おにぎりの本体】
タオルで作ります。作り方は前回紹介したものと同じ(ここをクリックしてね)

【のり】
黒いフェルトを図のように切って、両端に黒い面ファスナー(マジックテープ)を縫い付けます。

黒いフェルトに黒い面ファスナーなので写真ではよく見えませんが…くるっとまるめてくっつくように、右側は表に、左側は裏に、面ファスナーを縫い付けています。

【小さい具】
好きな色のフェルトを図のように切ります(数字は直径です)

大きい丸の周りをぐし縫いします。わかりやすい色の糸を使っていますが、実際はフェルトと同じ色の糸で塗ってください。

一周縫ったら糸をひっぱって…

中に綿をつめて、玉止めします

小さいほうの丸をのっけて

周りをちくちく、かがり縫いでとめていきます

一周してできあがり。

ちっちゃい具なので、口に入れてしまわない年齢の子向けです。念のため。

【遊び方】
おにぎりの本体に具をつめて、黒いフェルトをぐるっと巻けば、おにぎりバージョン2のできあがり!

本当のおにぎりを握るときのように手で形を整えてみてください。三角のおにぎりになりますよ~。

塗り絵カレンダー 7月

また気が早いですが、7月のカレンダー塗り絵をアップします。

塗り絵に、お星さまの一筆書きをプラスしてみました。
いっぱいお星さまを描いて練習してくださいね。

2020年の数字(なぞり用)つきはこちら⇒2020年7月

数字なしのカレンダーはこちら⇒7月数字なし

★6月のカレンダーもあります!⇒こちらも見てね

おすしやさんごっこ タオルとフェルトのお寿司

外出自粛が続き、久しぶりに机にミシン出しっぱなしという生活をしております。おにぎりに続き(おにぎりはこちら)おすしをタオルで作ってみました。

【お寿司のしゃり】
いわゆる俵型のお手玉の作り方です。普通は筒を作ってから両端を縫い縮めるのですが、両端を絞ってからひっくり返し、あいたところを縫い閉じる方法にしてみました。
小さいタオル生地をミシンで縫うのはずれるしよれるし(笑)、大変なので、手縫いならこっちのほうが簡単かなと思います。

(1)タオルを図のようなサイズに切る

(2)長いほうの辺の端をぐし縫いする

(3)短いほうの辺は5ミリ程度折り返し、輪にして糸をひっぱる。2回くらい糸を巻き付けて、縮めた縫い目のところに針を通してから玉止めする

(4)反対側も同じように縫い縮めて止め、ひっくり返す

(5)返し口から綿を詰めて、縫い閉じる

(6)おすしのしゃりのできあがり。

【お寿司の具】
フェルトを切って具にします。ここは決まりはないので、ぜひお子さんに自由に作ってもらってください。

シャリに具をのせて、おすしの完成!
ミシンのカウンターに並べてみましたがどうかなw