はさみ名人 ひらひらちょうちょ

はさみでていねいに、ていねいに切り抜いて作るちょうちょです。

以前に手伝っていた幼児教室では「はさみ名人」という課題で、いろいろな形を切り抜いてもらっていましたが、その中でも人気の形でした。

PDFファイルをダウンロードしてプリントし、作ってくださいね。

PDFファイルはこちら→

【作り方】

(1)はさみで、太い線の通りにちょうちょの形を切り抜く

(2)グレーの部分の細線に切り込みを入れる(触覚になります)

(3)グレーの部分にのりをつけ(触覚にはつけないでね)、ひもをはさんで折りたたむ。
ひもを持って上下に動かすと、羽がひらひら動きます!

折り紙で作るクリスマスツリー

折り紙で作る簡単なクリスマスツリーです。
親子で作ってみてくださいね!

【作り方】

折り紙を斜めに2回折ります

袋になっているところをひらいてつぶします

四角い形になったら、上の1枚をもちあげて…

またひらいてつぶします。同じようにして4つともひらいて…

上下さかさにして、白いところを図のようにはさみで切ります

これでツリーの形ができあがります。
このままだと立てにくいので、
白いところにのりをつけて…

幹の部分を写真のように貼り付けます

立ちました!

丸や星のシールで飾ってできあがり。

 

ハンカチで作るコップ袋

飽きたら元に戻せるシリーズその2。

ハンカチを切らずに、ちょっとだけ手縫いするだけでできあがる巾着袋です。
子どものコップ袋にちょうどよい大きさ。

リバーシブル仕立てなので薄手のハンカチでもしっかりした袋になり、
糸を引き抜いたらもとのハンカチに戻ります!

【作り方】

1)ハンカチを内側が表になるように二つ折りにします

2)さらに二つ折りにして折り目をつけ、
折り目から上下に3センチくらいのところに印をつけておきます

3)印から印までの間を残して(ここが空き口になります)
並縫い(ランニングステッチ)で縫います

4)縫い残したところからぐるっと裏返します

5)裏返したら、半分に折り、上半分を下半分の中に折り込んでいきます

6)折り込んだところ。リバーシブルになっています

7)3で縫い残したところが空き口になっています。ここにひも(綿ロープ)を通します

8)ひもを結んでできあがり

バンダナで作るミニエコバッグ

コンビニのレジバッグ代わりになる、小さなエコバッグ。
バンダナ1枚でできて、飽きたら糸を引き抜くだけで元のバンダナに戻ります。

小さく見えますが、右側に見えているのが500mlのペットボトル。ちょっとしたお買い物に便利です。
もっと大きいものがほしいときは風呂敷やスカーフで作るとよいかも。

【作り方】
バンダナを三角に折り、下の図のように半分くらいの高さのところに印をつけます。

両側の斜めの辺をぐし縫い(なみ縫い)します。

縫いどまりのところから、下の図のように折りたたみます

上の部分を開いて、裏返しにします。

できあがったところ。

中に物を入れたら、上の三角の部分を結んで使います。

もとがバンダナなので、折りたためばこんな感じ。手を拭くのにも便利(笑)

袋の横の部分をしっかり縫い付けていないところがかえって使いやすくて、少し横長のものを入れても、自然にその形に沿って広がるので、見た目よりたくさんはいるのです。

手縫いでざくざく縫うだけなので、飽きたら糸を引き抜けばまたバンダナとして使えるところがうれしい。気楽に作ってみてくださいね!

カラーポリ袋のお花

紙コップで植木鉢を作り、カラーポリ袋のお花を挿します。

カラーポリ袋といっても、幼稚園などでよく使うペラペラのものではなくて
お店で洋服など買った時に入れてもらう、厚みのある袋がベスト。模様や文字などがあっても面白いです!

数年前に作り方を公開したのですが、サイトを変えたので再掲載。
でも、最近はレジ袋もカラーのポリ袋ももらえなくなって
以前の工作がやりにくくなってる…これも時代の波かなあ。

作り方はPDFファイルで。3ページある力作(笑)なので見るのが大変だったらごめんなさい。できればプリントしてもらえるとうれしいです。→紙コップとカラーポリ袋の花畑

絵合わせパズル

今年もようやく夏休みですね。
紙1枚で作れるパズルを紹介。家族でやってみてください。

PDFファイルを印刷して、太線を切り、点線を折るだけでできるパズルです。
どこをどう折ったらカエルになるか、どうやったら他の動物になるか。
しくみがわかったら、好きな絵で手作りしてみて!

印刷用のPDFファイルはこちら→絵あわせパズル

タオルでおにぎり バージョン2

またミシンに並べちゃったりしてすいません。

前に紹介した「おにぎり タオルでごっこ遊びグッズ」のおにぎりをバージョンアップしてみました。

前回のおにぎりはこちら

うーん、のりがほしいなあ。それに具はもうちょっと小さくてもいいんじゃないかしら。

というわけでバージョン2を作ってみたら思いのほかかわいくなったので(自画自賛)またアップしてしまいます。

【おにぎりの本体】
タオルで作ります。作り方は前回紹介したものと同じ(ここをクリックしてね)

【のり】
黒いフェルトを図のように切って、両端に黒い面ファスナー(マジックテープ)を縫い付けます。

黒いフェルトに黒い面ファスナーなので写真ではよく見えませんが…くるっとまるめてくっつくように、右側は表に、左側は裏に、面ファスナーを縫い付けています。

【小さい具】
好きな色のフェルトを図のように切ります(数字は直径です)

大きい丸の周りをぐし縫いします。わかりやすい色の糸を使っていますが、実際はフェルトと同じ色の糸で塗ってください。

一周縫ったら糸をひっぱって…

中に綿をつめて、玉止めします

小さいほうの丸をのっけて

周りをちくちく、かがり縫いでとめていきます

一周してできあがり。

ちっちゃい具なので、口に入れてしまわない年齢の子向けです。念のため。

【遊び方】
おにぎりの本体に具をつめて、黒いフェルトをぐるっと巻けば、おにぎりバージョン2のできあがり!

本当のおにぎりを握るときのように手で形を整えてみてください。三角のおにぎりになりますよ~。

おすしやさんごっこ タオルとフェルトのお寿司

外出自粛が続き、久しぶりに机にミシン出しっぱなしという生活をしております。おにぎりに続き(おにぎりはこちら)おすしをタオルで作ってみました。

【お寿司のしゃり】
いわゆる俵型のお手玉の作り方です。普通は筒を作ってから両端を縫い縮めるのですが、両端を絞ってからひっくり返し、あいたところを縫い閉じる方法にしてみました。
小さいタオル生地をミシンで縫うのはずれるしよれるし(笑)、大変なので、手縫いならこっちのほうが簡単かなと思います。

(1)タオルを図のようなサイズに切る

(2)長いほうの辺の端をぐし縫いする

(3)短いほうの辺は5ミリ程度折り返し、輪にして糸をひっぱる。2回くらい糸を巻き付けて、縮めた縫い目のところに針を通してから玉止めする

(4)反対側も同じように縫い縮めて止め、ひっくり返す

(5)返し口から綿を詰めて、縫い閉じる

(6)おすしのしゃりのできあがり。

【お寿司の具】
フェルトを切って具にします。ここは決まりはないので、ぜひお子さんに自由に作ってもらってください。

シャリに具をのせて、おすしの完成!
ミシンのカウンターに並べてみましたがどうかなw

おにぎり タオルでごっこ遊びグッズ

おうち遊びで使える、ごっこ遊び用おにぎりです。
いただきものの薄いタオルが余っていたら、作ってみませんか。ふわふわなので、握っているだけでも気持ちいいおもちゃです。まんなかに穴が開いているので、好きな具を差し込んで楽しんでください。

【作り方】

材料:白いタオル、綿、ゴムひも

(1)タオルを切ります。1本のフェイスタオルの場合、図のように縦4つ、横3つにカットします。1個だけ作る場合は、だいたい19センチ×12センチくらいに切ってください。

(2)2つに折って、端をミシンで縫います(タオルに裏表がある場合は、表が内側になるように折ってください)

(3)表に返して、端を1センチくらい内側に折り込んでおきます

(4)ゴムひもを通し、ふんわりと綿をつめてから、ドーナツ形になるように曲げます

(5)ゴムひもをよけながらかがり縫いをします。1センチくらい縫い残したところからゴムひもが出るようにします

(6)ゴムひもをひっぱってかた結びし、結び目を内側に押し込んで(残った部分が長すぎたらはさみで切ってください)縫い閉じます

(7)できあがりはこんな形になります

(8)穴の部分に、好きなもの(おにぎりの具)を入れて、いろいろなおにぎりを作ってみましょう。
下の写真は、ボンドのふた、羊毛フェルト、ボタンを入れたところです。
他にも、100均で売っているデコレーションボールや丸めたお花紙など、小さいものなら何でも具になりそうです(小さい子と遊ぶときは誤飲しないものを選んでくださいね!)

※時間があったら、フェルトで具を作ってみませんか。

フェルトで作った具を入れたところ(緑のフェルトでブロッコリーも作ってみました)

【参考;フェルトの具の作り方】

(1)フェルトをこれくらいの大きさに切ります

(2)図のようにぐし縫いします

(3)筒にしてから糸をひっぱり、糸を2回くらい巻き付けてから、針を1~2回通して玉止めします

(4)反対側も同じように縫い絞り、表に返します

(5)綿を入れて、あいたところを縫い閉じればできあがり。

※いろいろ具材をプラスしてお弁当にしてみました♪

タオルが半端に余ったら、おすしも作ってみてね!

さいころハウス たためるペーパークラフト

おうちで親子で作るシリーズ。今回は小さなおうちのペーパークラフトです。できあがって楽しんだあとはたたんでしまっておけます。

まずこのファイルをダウンロードしてください。⇒さいころハウス(PDFファイル)
さいころの展開図のような、屋根と本体がはいっています。
それぞれをはさみで切り抜いておきます。

【屋根を作る】

屋根を切り抜いたところです。

(1)下の図の、矢印の部分に切り込みを入れます。点線以外の線をすべて山折にして、折り目をつけておきます。

(2)★と☆の印が重なるように折ります。

(3)点線のところで2枚一緒に中に折り込みます。

(4)左右に出ている部分は、点線を谷折りにしてから、図のように下に折り下げます。これで屋根ができあがりです。

【本体を作る】

本体はこちらを使います。

(1)線をすべて山折にして折り目をつけてから、「のり」と書いてあるところにのりをつけ、図のように組み立てます。(下になる部分はのりづけせずに折り込むだけにしておきます)

(2)屋根を差し込んでできあがりです。