ワードでおたより講座(その2)文字はテキストボックスで

やっと「その2」です。たま~の更新ですみません。

★初めての方はぜひ「その1」の準備編も見てください。なんだかうまくいかない…というときの助けになると思います!

さて、今回のテーマはテキストボックス。
ワードではまず本文をずらずらと打ち込んでからレイアウトする方法もありますが、保育園や幼稚園のおたよりをきれいに作りたいときは、とにかく文字は全部テキストボックスに入れる! というのが便利です。

おたよりの中にはいろいろな記事を入れたいですよね? テキストボックスなら、あとから位置を変えたり順番を変えたり、自由にレイアウトできます。本当に便利だから、ぜひ試してくださいね!

(1)テキストボックスを表示させる

ワードを立ち上げたら、
(1)上のメニューの「挿入」をクリック
(2)「テキストボックス」をクリック
(3)出てきた画面の左上にある「シンプルテキストボックス」をクリック

すると、下のようなテキストボックスが表示されます。

ダミーで入っている文字の上から(グレーになっている状態のまま)、入れたい文字を入力しましょう。

(2)テキストボックスの大きさと位置を調整

文字がはいったら、テキストボックスを好きなサイズに調整します。
テキストボックスの四隅に小さな□が表示されています。□の上にカーソル(マウス)を置くと、矢印の形になります。これをドラッグ(マウスボタンを押したまま動かす)すると、テキストボックスの大きさが自由に変えられます。

テキストボックスの位置を動かしたいときは、□以外のところにカーソルを置きます。十字の矢印が出たらドラッグすると、画面の好きな位置に持っていけます。

(3)文字を調整する

打ち込んだ文字を選択(マウスボタンを押したままなぞる)しておき、上のメニューの「ホーム」を選んで、↓の図のようなメニューを使って、文字の種類や大きさ、色を変えます。

 

ついでに、あとでイラストなどを入れたときにレイアウトが崩れないようにしておきましょう。(どうして?と思ってもここはやっておいたほうがいいです。崩れたときにわかります(笑))

テキストボックスの右上に表示されているマーク(レイアウトオプション)をクリックして、「前面」を選べばOKです。

(4)枠線と塗りを消す

テキストボックスの周りの枠線はじゃまなので、消しておきます。

(1)上のメニューの「描画ツール 書式」をクリック
(2)「図形の枠線」をクリック
(3)「線なし」を選ぶ

これで枠線が消えます。
ついでに塗りも消しておきましょう。画面では見えませんが、テキストボックスは白の背景(塗り)がついています。透明にしておいたほうが、あとでイラストを入れるときに便利です。「図形の塗りつぶし」→「塗りつぶしなし」でOKです。

(5)テキストボックスを増やす

テキストボックスがひとつ完成したら、コピーして増やしましょう(また新たにテキストボックスを挿入するより、コピーして使いまわしたほうが手間がはぶけるので)。
テキストボックスの枠線にカーソルを置いて、十字の矢印が表示されたところでコピーし、別の場所に貼り付けます。(右クリックして「コピー」「貼り付け」を選ぶか、Ctrlキー+C、Ctrlキー+Vを押します)

好きなだけコピーしたら、文字を打ち換えて文章を作っていきましょう。

これで文章は完成。ここにイラストやタイトルを入れていきます。

イラストとタイトルはまた次回!

ワードでおたより講座(その1)準備:まずこれをやっておこう!

幼稚園、保育園、小学校、PTAなどのおたよりを作っている方!

こんなふうにしたいというイメージはあるのに、どうやったらいいのかわからず困ったことはありませんか?

ここでは、私が試行錯誤した上でこのやり方が便利、と思ったことをまとめてみます。

まずは準備編。いきなりおたより作りを始めて、途中で「しまった!」と思ったこと数知れず…最初にやっておけばよかったーと反省したことのメモです。

準備なんてちょっと面倒?と思わずに見てください。きっと役に立つと思います。

完成形はこんな感じ↑

準備その1 ツールを表示させる

ワードで「新規書類」を開くと、だいたい下のような画面が出てきます。(ワード2013の画面ですが、2016でもやり方は同じです)

この状態だと、文字の大きさを変えたいときとか、図形を描きたいときとか、いちいちツール(正式にはコマンドと言うらしいです)を出すのが面倒。なのでとりあえず、常時ツールが表示される設定にしておきます。

右上の小さなマークをクリックしてみてください。

下のような画面が出てきたら「タブとコマンドの表示」をクリックします。

これでめでたくいろいろなツールが表示されるようになります。

※最初から上のように表示されている場合もありますが、気が付くと非表示になっていたりするので、覚えておくと便利です!

準備その2 余白を小さくする

ワードで新しいファイルを作ったときは、かなり余白が大きめにとってあります。おたよりを作る時はできるだけ紙いっぱいに文字や絵を配置したいので、余白は小さめにしたいところ。

おたよりを作っている途中で余白を縮めようとすると、レイアウトが崩れてしまって、修復が面倒になるので、この作業はぜひ最初にやっておきましょう。

余白を調整するには、上にあるメニューバーの「ページレイアウト」→「余白」とクリックしていきます。

下のような画面が出たら「狭い」を選びます。

これで余白の調整はOK!

準備その3 ページ下まで改行

え、なんで?と思うかもしれませんが、これは大事なテクニック。

おたよりを作るときは、すべての文字を「テキストボックス」に入れておくと、自由にレイアウトできるのでとても便利です。

でも、テキストボックスやイラストを入れると、画面の後ろに改行のマークが隠れてしまって、もっと下のほうに文字を打ちたいのにできないとか、改行するとイラストも一緒に動いてレイアウトが崩れる、なんてことが発生します。

そこで、ここはだまされたと思って(思わなくてもいいけど)何はともあれページの最後まで改行を入れてください。

これで準備は完了。次は「テキストボックスの使い方」「イラストの入れ方」「写真の切り抜き」と続きます(予定では)。続きはしばらくお待ちくださいませ。

カラーポリ袋のお花

紙コップで植木鉢を作り、カラーポリ袋のお花を挿します。

カラーポリ袋といっても、幼稚園などでよく使うペラペラのものではなくて
お店で洋服など買った時に入れてもらう、厚みのある袋がベスト。模様や文字などがあっても面白いです!

数年前に作り方を公開したのですが、サイトを変えたので再掲載。
でも、最近はレジ袋もカラーのポリ袋ももらえなくなって
以前の工作がやりにくくなってる…これも時代の波かなあ。

作り方はPDFファイルで。3ページある力作(笑)なので見るのが大変だったらごめんなさい。できればプリントしてもらえるとうれしいです。→紙コップとカラーポリ袋の花畑