にじみ絵のクラゲ

にじみ絵の透明感をいかしてクラゲを作りました。
アメリカで見た、子供向けアートのアイディアを拝借しています。

丸いコーヒーフィルターで作っていますが、日本ではあまり見かけない(オフィスコーヒー用ならありますが)ため、手に入らないときは書道用の半紙を使うといいかと思います。

水性ペンで模様を描いて霧吹きで湿らす方法は、絵の具や筆を使う方法より部屋も汚れず片づけもラク(笑)。親子で作って遊んでくださいね。

<材料と用具>

丸いコーヒーフィルター4枚、水を入れた霧吹き、水性ペン各色、トレイ
※他にはさみ、のり、ティッシュ、干して乾かすための洗濯ばさみを用意してください。

<作り方>

(1)コーヒーフィルターを2枚重ねてトレイに置き、水性のペンで好きな模様を描いて、霧吹きで水をふきかけます。

(2)色がにじんできたら1枚ずつはがし、乾くまで干しておきます。干している間に他の模様も作ります。(2枚はクラゲの体に、2枚はクラゲの足になります)

(3)乾いたら、足にするほうの紙を写真のように細く切ります。

(4)丸い紙を2枚重ねて、間にティッシュペーパーをふわっと丸めたものを入れ、周りをのりで貼ります。細く切った紙をのりでつけて、足にします。

これでくらげの出来上がり。そのまま遊んでもいいし、壁飾りにしてもすてき!

一番上の写真は、リボンと目をつけて壁飾りにしたもの。5歳のSちゃんの作品です。

    布と風船で作るボール

    布で球の形を作って、風船を入れてふくらませてたボールです。メルカリで見て(笑)ほしくなって、見よう見まねで作ってみました。

    小さい子でも危なくない、空気を抜けばコンパクトにしまえる。それでいてポンポンよくはずんで楽しいボールです。これ本当にいいアイディアですね!

    型紙に1センチの縫い代を付けて布を切り、ちくちく縫い合わせます。どこか好きなところで3センチくらい縫い残し、風船を入れる穴にします。

    型紙はこちら→ボール型紙

    風船を中に入れてふくらませたら、風船の口をしばって布の中にたたんで入れます(この部分がちょっといびつになりますが)。

    メルカリでは、しばらなくても風船の口を折って中に入れれば大丈夫、と書いてあったような気がするのですが…。それだとすぐしぼんでしまうので、ちゃんとしばることにしました。何か作り方が違うのかも??

      車のひも通し&釣り遊び

      ひも通しと釣り遊びの両方に使えるハイブリッドおもちゃ(笑)
      2~3歳くらいの男の子へのプレゼントに作りました。

      ★型紙はこちらです
      car1(パトカーと救急車)
      car2(タクシーとトラック)

      【作り方】

      (1)フェルトを型紙の通りに切ります

      (2)ひも通し部分のパーツを作ります

      (3)クリップを図のようにボディにつけます

      (4)ボディに窓などを手芸用(木工用)ボンドで貼ります
      ※ここは裏がシールになっているフェルトを使うと簡単!

      (5)2枚をあわせて、ひも通しのパーツをはさみ、まわりを刺繍糸でかがり縫いします

      (6)車(タクシー)のできあがり。他の車も同じように作ります

      (7)釣り竿は好きなように…ですが、ここではタピオカ用の太いストローに綿ロープを通し、ロープの片側に磁石を布でくるんだものを縫い付けました。(丸く切った布の端をぐし縫いしてマグネットを包み、綿ロープにしっかり縫い付けます)

        ポインセチア

        色画用紙で作るポインセチア。クリスマスの飾りに親子で作ってみませんか?

        まず色画用紙で花びらを作ります。「6折り」という形に折ってからはさみを入れますが、ここでは長方形(色画用紙を4つに切ったものなど)を使う方法を紹介します。これなら、折り紙のような正方形の紙がなくても「6折り」が作れるので覚えておくと便利です。

         

        この「6折り」から花びらの形を作ります。

        これを、緑の紙で1枚、赤の紙で2枚、少しずつ大きさを変えて作ります。他に、黄色の紙を細長く切ったものを用意します。

        花びらは3枚とも、写真のような折り目をつけます。

        黄色い紙はくるくる丸めます。

        3枚の花びらの中央(くぼみの中)に、木工用ボンドをのせます。

        3枚を重ねて、中央に丸めた黄色い紙を置きます。

        ボンドが乾いたらできあがり!

          LINEスタンプ作りました

          「まきちゃん3歳」スタンプ公開しました。買って!(笑)

          https://www.ilikesticker.com/LineStickers/W3935887-Makichan-3years-olf/ja

            ごたごた塗り絵

            いろいろな絵をぎっしり詰め込んだ塗り絵です。

            あまり意味はないごたごたの絵ですが
            なぜか子どもたちが面白がって塗ってくれます。

            <文字をクリックするとPDFファイルが開きます>

            ごたごた塗り絵

              果物と野菜の塗り絵

              <文字をクリックするとpdfファイルが開きます>

              くだものの塗り絵

              やさいの塗り絵

                さくらの切り紙

                そろそろ桜の季節ですね。
                折り紙を使った、さくらの切り紙です。


                この折り方を覚えておくと、お花以外にもいろいろな形ができるので便利。親子で作ってみてくださいね。

                下の絵の太線のように切って、開きます。

                  ハンカチボール ハンカチと輪ゴムで10秒!

                  小さい子と遊びたいけど何もおもちゃがない…というときに、ハンカチと輪ゴムを用意してください。輪ゴムをかけて、くるくるっとひっくり返して…。慣れれば10秒でボールができちゃいます。

                  転がしたり投げたり、遊び方はいろいろ。あまり転がりすぎないので赤ちゃんのおもちゃにぴったり。ぜひ遊んでみてくださいね。

                  【作り方】

                  (1)ハンカチを裏向きにして、片手にかぶせます。ここでは左手にかぶせています。

                  (2)手を入れたまま、ハンカチに輪ゴムをかけます。1本の輪ゴムを2重にしてかけてください。

                  (3)輪ゴムをかけたところです。左手はまだ入れたまま。

                  (4)ハンカチの四隅を右手で上に持ち上げます。

                  (5)四隅をすべて持ち上げると、写真のようになります。

                  (5)輪ゴムで止まっているところの下に右手の指を差し入れて、ひっくり返します。ハンカチの中にある輪ゴムを広げながら上に持ち上げるようにするとうまくひっくり返せます。

                  (6)輪ゴムからはみ出しているところをぎゅぎゅっと中に押し込んでいきます。

                  (7)丸くまとまったらできあがり。上下逆にするとこんな感じになっています。

                  写真でうまく伝わるでしょうか…(5)のところだけ、ちょっと難しいのですが、一度できるようになってしまえば、本当に10秒かかりません。

                  ハンカチでボールができないかと、あれこれ試行錯誤して思いついた方法なのですが、すでにどこかで紹介されていたらすいません!
                  オリジナルかな、それともみんなやってるのかな。疑問をもちつつ、とても便利なので紹介してみました。

                    折り紙のおひなさま ひなまつりの工作

                    「コップ」の折り紙を2つ重ねて作るおひなさまです。
                    小さい子がコップを折れるようになって、うれしくて量産(笑)しているのを見て思いついた作品。

                    pdfで紹介しているのは、プリントアウトして線の通りに折る簡単バージョンですが、もちろん折り紙や千代紙を使ってオリジナルデザインにしてもOKです!

                    ★プリントアウト用の型紙はこちら→おひなさま型紙

                    <作り方>

                    (1)プリントアウトした紙は、太線で切って、折り紙用の四角を4つと、冠などのパーツを作ります。

                    (2)小さいほうの四角を図のように折ります(点線をすべて山折り)。これが顔になります。
                    *折り紙で作る場合は、折り紙を4分の1のサイズに切って使います

                    (3)大きいほうの四角を図のように折ります。これが着物になります。

                    (4)着物と顔を重ねます。

                    (5)顔の位置を決めたら軽くのりづけし、顔を描いて、冠などのパーツを貼ってできあがりです。